~ミドル世代に向けた人間模様から人生を学ぶためのWebマガジン~

Fun time

その他お役立ち情報

食べ合わせダメなもの一覧で危険で意外な食べ物発見⁈ダイエット方法や組合せの決定版はコレ!?

投稿日:

今回は、食べ合わせについて考えてみたいと思います。食べ合わせが悪くて、気持ち悪くなったことってありませんか?食べ合わせいいものやダメなものを知っておけばいいですよね。特に危険だと言われているものは知っておく必要があります。

例えば、有名なところで言うと「うなぎ」と「梅干し」。鰻の脂っこさと梅干しの強い酸味が刺激し合い、消化不良を起こすとされています。言い伝えでは、こういわれているのですが、はたして本当にそうなのでしょうか。

食べ合わせが危険でダメと言われる一覧の中から、わたしがご紹介したいと思ったものを、選りすぐってご案内します。中には「こんなものも?」と思うものがあるかもです。

そして、思いつく人は思いつくんですね。そんな食べ合わせでのダイエット効果のあるものがあるという事なので、そちらも調べて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

合食禁(がっしょくきん)って知ってる?

合食禁(がっしょくきん)、もしく食合禁(しょくごうきん)といわれる食に関する伝承のひとつ。一緒に食べるときに食材の取り合わせが悪いとされる言い伝えで、普段は、食べ合わせ(たべあわせ)、食い合わせ(くいあわせ)と言うことが多いですね。

出典:https://matome.naver.jp/odai/2134309595476064201

だから、食べ合わせって非常に大事なんです。絶対にやってはダメなものがあるんですね。そして、今回は、それを知っておきましょうというわけです。

併せて食べてはいけない食べ合わせ!

冒頭でも書きましたが、有名なものとして「うなぎと梅干」ですね。この食材は一緒に食べると身体に良くないとされている組み合わせなんですが、食べ合わせは、栄養的・医学的にまったく問題はなく、むしろ理にかなった相性の良い組み合わせなんだとか。

といった具合に、なかには科学的に根拠のない組み合わせもあるようなので、わたしが調べて、これは身体に良くないだろうと思えたものを書き出して、参考にしていただきたいと思います。

  • スイカと天ぷら・・油分の多い天ぷらと、水分の多いスイカを一緒に食べると、胃液が薄まり、消化不良を起こすことがあります。胃腸の弱い人、特に下痢気味の人は、避けたほうが無難でしょう。
  • にんじんと大根・・にんじんにはアスコルビナーゼという酵素が含まれていて、大根にはビタミンCが多く含まれています。アスコルビナーゼはビタミンCを破壊してしまうので、化学的に食い合わせが悪いとされています。

出典:https://matome.naver.jp/odai/2138986471463614701

  • ベーコンとほうれん草・・ほうれん草に含まれている硝酸が体内で亜硝酸に変化すると、ベーコンに含まれるタンパク質の分解物と反応して発ガン性物質が生成されます。また、ベーコンに含まれるリン酸がほうれん草に含まれる鉄分やカルシウムの吸収を阻害するため、食べ合わせが悪いとされています。
  • 紅茶とレモン・・輸入レモンには防カビ剤「OPP」が付着しているケースがあり、このOPPが紅茶に含まれるカフェインと組み合わされると、発がん性物質を生じる可能性があります。国産レモンでOPPはほとんど使われていないので、国産レモンなら心配はないようです。

出典:http://tea-info.net

  • 秋刀魚(さんま)と漬物・・実は発がん性物質を作り出してしまう食い合わせなんだそうです。秋刀魚を焼くとタンパク質が変化して「ジメチルアミン」という物質ができ、漬物は野菜に含まれる硝酸塩が発酵の過程で「亜硝酸塩」に変化。この「ジメチルアミン」と「亜硝酸塩」が融合すると「ニトロソアミン」という発がん性物質が生成されてしまうそうです。
  • ビール(酒)とフライドポテト・・アルコールが肝臓で分解される時に、肝臓内では脂肪の合成を促進する酵素が発生し、お酒と一緒にフライドポテトや鶏の唐揚げなど高脂肪の食品を食べてしまうと、脂肪の合成は加速することになり身体に悪いですね。

出典:https://matome.naver.jp/odai/2139216769554018501

  • トマト+きゅうり・・ビタミンCを豊富に含む食材のトマトですが、きゅうりに含まれるアスコルビナーゼという酵素が、トマトのビタミンCを酸化させてしまいます。サラダで食べる時は、マヨネーズや酢入りのドレッシングで食べることと酵素の働きを抑制できます。
  • ラーメンとご飯・・チアミンは糖質代謝に関連するビタミンであり、その必要摂取量は炭水化物の摂取量に依存する。ラーメンとご飯はともにビタミンB1をあまり含まず、炭水化物摂取量が増えるため、疲労や肥満を招く恐れがある。ちなみに、ご飯ものでも同様の理由で合食禁の扱いだそう。
  • チーズと風邪薬・・チーズに含まれる成分チラミンには血圧を上げる作用があり、風邪薬や鼻炎薬の成分プソイドエフェドリンにも同様の作用があり、思わぬ血圧上昇を招きかねません。
  • ワカメとネギ・・みそ汁の定番ですけれど・・。ねぎに含まれるリンという成分が、わかめのカルシウムの吸収を阻害してしまうので、組み合わせはNG。リンは骨のカルシウムを溶かすという弊害もあります。

以上、わたしがこれは知っておきたいと思った食べ合わせを独断と偏見で(笑)書きました。結構意外なものも多くビックリしました。また。普段、良かれと思ってやってる事も身体に悪かったりしたんですね。参考にしていただければと思います。

永作博美の記事が面白い!読まれてる記事はコレ↓↓
永作博美がアコム㎝でピアノ弾いてるのは本人でなく代役の合成なの?童顔で異常にかわいいけど笑顔が怖いって本当?!

食べ合わせダイエットや身体によい組み合わせとは?

今まで書いてきたのが、食べ合わせの悪いものでした。そして、それを書くために調べていて目についたのが「食べ合わせダイエット」という言葉です。食べ合わせでダイエットできるなら簡単そうですよね。どうしたらいいのでしょう。

食べ合わせダイエット」とは、食事に温かい物を取り入れたり、体に良い油を利用したりする、酵素を多く取り入れるなど、食べ物の組み合わせを考えてするダイエットのことで、考えてみればダイエットの基本中の基本と言うことですね。

食べ合わせダイエットのポイントとは?

それは、酵素・油・代謝です。酵素にはエネルギーの消化などの役割があり、酵素が活発に働くと、自然とダイエットができます。また、良質な油は代謝を促し、体脂肪が落ちやすくなります。

つまり、「良質な油=太りにくい油」なのです。食べ合わせダイエットにおすすめの油は、オメガ3脂肪酸の油、たとえば、えごま油、魚(特に青魚)に含まれる油などやごま油、オリーブオイルなどだそうです。

そしてもう一つが代謝です。代謝が落ちる食べ物は、体を冷やす食べ物です。いかにして代謝を下げない食べ物を選ぶか、そして食べ方をするか食べ合わせダイエットのポイントとなるようです。

つまり、食べ合わせダイエットとは、食べる際に良質の油を利用して代謝を促し、また酵素を多く食べ物を取り入れることで、代謝を上げ、消化を促進し、「脂肪燃焼=ダイエットする方法」だと言えそうです。

1年中気を付けたい女性のための素肌ケアとは?↓↓
顔用日焼け止めの今年の最強人気はコレ! スプレータイプの効果的な使い方3つのポイント!

食べ合わせダイエットにいい組み合わせとは?

  • カレーとサラダと野菜・果物ジュース・・カレーを食べる時は、代謝をアップし脂肪を燃やす栄養素が含まれているかを気にしましょう。肉は脂肪燃焼効果のあるLカルニチンが豊富な赤身。チキンよりビーフがおすすめのようです。食べる前に先にサラダを食べることで消化促進させ、野菜ジュースを飲むことで、血糖値の急上昇を抑えましょう。

出典:http://blog.goo.ne.jp/yama1492/e/d66875e8a4df62d6dbbfe47837606d90

  • 揚げ物にレモン・・これは有名な話。揚げ物にレモンをかけることで、酸化した油を中和させ、代謝が悪くなるのを防ぎます。
  • お好み焼きに紅しょうが・・これも定番。お好み焼きに使われている小麦粉は体を冷やしてしまうため、お好み焼きに紅しょうがをたっぷりかけ、体を温め、代謝アップさせましょう。

出典:http://syokuki.com/archives/1771

  • 肉・ステーキにニンニク・・まずはサラダを食べて、脂肪燃焼に効果のある酵素を摂り、温かいスープを飲んで体を温めて代謝アップさせましょう。肉を食べる時は、脂肪燃焼効果の高いニンニクと一緒に食べ、主食は、パンよりもエネルギー効率の良いご飯がおすすめです。
  • 冷えた弁当に温かい味噌汁・・冷えたお弁当は体を冷やし代謝を下げるため、温かい味噌汁と一緒に食べることで、代謝が上がり、少量でもお腹がいっぱいになりやすくなります。
  • パンと抹茶豆乳・・パンを食べる時、抹茶豆乳を飲む。パンだけ食べると血糖値が急激に上がり、パンに含まれるトランス脂肪酸が悪玉コレステロールを増やしてしまいます。抹茶豆乳を飲むことで血糖値が急に上がるのを抑え、ポリフェノールがLDLコレステロールを減らし、脂肪の蓄積を防いでくれます。
  • ピザを食べる時オリーブオイルをかける・・ピザを食べる前にオリーブオイルをかけると善玉コレステロールを一緒に摂取し、善玉コレステロールが悪玉コレステロールを減少させ、脂肪として蓄積するのを防いでくれます。

出典:http://yuhico.net/hh-daily-life116

以上、食べ合わせダイエットと呼ばれる食材の組み合わせと効果を調べてみました。いかがでしたか?知っていたものもあり、また、知らなかったものもありました。心がけていく事でダイエットに繋がるなら試してみたいですよね。

スポンサーリンク

『食べ合わせ』まとめ

今回は食べ合わせについて調べてみました。「合食禁」と言われるものは知ってはいましたが、こうやって調べていく事で、意外な組合わせの発見もありました。

また、悪くてダメなものばかりではなく、良いものも知ることで、より効果的な食事を心がけていきたいものだと改めて思いました。

  • ダメなもの!注意したいもの!・・・
    • スイカと天ぷら
    • 人参と大根
    • ベーコンとほうれん草
    • 紅茶とレモン
    • さんまと漬物
    • ビール(酒)とフライドポテト
    • トマトときゅうり
    • ラーメンとご飯
    • チーズと風邪薬
    • わかめとねぎ
  • 食べ合わせダイエットにいいもの・・
    • カレーとサラダと野菜・果物ジュース
    • 揚げ物にレモン
    • お好み焼きに紅生姜
    • 肉・ステーキにニンニク
    • 冷えた弁当に温かい味噌汁
    • パンと抹茶豆乳
    • ピザを食べるときオリーブオイルをかける

ぜひ、覚えておいて参考にしていただきたい食べ合わせでした。

スポンサーリンク

この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます

-その他お役立ち情報
-

Copyright© Fun time , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.