~ミドル世代に向けた人間模様から人生を学ぶためのWebマガジン~

Fun time

エンタメ

齋藤飛鳥 性格が優しいに変わった?マスクと比較しても小顔すぎる?!

更新日:

今回は、乃木坂46の齋藤飛鳥さんについてみていきたいと思います。齋藤飛鳥さんと言えば、将来の乃木坂を背負って立つエース的な存在とみられています。

そんな齋藤飛鳥さんの性格が、「優しい」に変わったと言われています。となると、今まではどうだったのかということにもなりますが、その辺も一緒にみていきましょう。

さらに、齋藤飛鳥さんは、小顔でも有名です。その比較対象物がマスクであっても小顔と分かるそうでどんなのか見てみたいと思います。

『齋藤飛鳥』さんについて

出典:https://www.oricon.co.jp/special/53252/

  • 名前:齋藤 飛鳥(さいとう あすか)
  • 生年月日:1998年8月10日
  • 星座:獅子座
  • 血液型:O型
  • 出身地:東京都
  • ジャンル:アイドル(乃木坂合同会社所属 乃木坂46)
    :モデル(CUTiE・sweet)
    :女優
  • デビュー:2011年~

乃木坂46では勿論ですが、近年は映画でも主演で出演し、モデル方面でも成功と、他方面での活躍が目立ち、今後、乃木坂46のセンターを担っていくのは齋藤飛鳥さんでは?とも言われているほどです。

選抜では、現在は常連メンバーにはなりましたが、実は齋藤飛鳥さんは、この乃木坂46に加入してから変わったのでは無いかというメンバーの一人です。

その意味は、色々な意味が含まれますが、元々は齋藤飛鳥さんは現在のように選抜ではなく、『アンダー』と呼ばれているメンバーの一人でした。

『アンダー』というのを少し説明します。
乃木坂46の各表題曲とは別にカップリング曲についても別途メンバーが選ばれます。
この『アンダー』のメンバーになってしまった場合、メディアに出る事は一気になくなります。

基本的には、選抜メンバーで表題曲のキャンペーンを実施していく事になるので、なかなかこの『アンダー』に選ばれてしまうと、人気を新たに獲得していく事はかなり難しいとされ、アンダー地獄とも呼ばれています。

そんな齋藤飛鳥さんは『アンダー』から見事に選抜のメインメンバーへ成長していったのです。

この過程で、私たちも知らないところで、齋藤飛鳥さんは成長した事がうかがえますね。

さて、そんな齋藤飛鳥さんは実際どんな人なのか、ここで一度検証していきましょう。

『性格が優しいに変わった?』

齋藤飛鳥さんは性格は変わったと言われているんですよね。
それもそうです、初期の齋藤飛鳥さんを知っているフアンの方であれば、今の齋藤飛鳥さんは
違った見え方なのではないでしょうか。

出典:http://actresspress.com/wp-content/uploads/2016/01/059f98212af37930f4ebd595e1413044.jpg

それではまず色々な側面から検証する前に、齋藤飛鳥さんについて幾つか紹介したいと思いますが、そもそも齋藤飛鳥さんとはどのような人物なのでしょうか。

アイドルグループの乃木坂46所属で第1期生として、AKB48の公式ライバルとして当時はAKB48全盛期であった事もあり、今ほど勢いもまだまだであった乃木坂46でしたが、当時の齋藤飛鳥さんは、アイドルらしさはあったものの、どちらかというとおとなしい雰囲気で、やや内向的なイメージが強いですね。

見た目は勿論顔も小さい事がチャームポイントでした。
そんな齋藤飛鳥さんの初のセンターは、先ほどから話にでているアンダーの曲『海流の島よ』です。

当時のメンバーは、安藤美雲さん、川後陽菜さん、中元日芽香さん、畠中清羅さん、樋口日奈さん、和田まあやさんです。

この時の表題曲は、まだ生駒里奈が連続センターを務めていた時代の乃木坂46で、『走れ!Bicycle』。
この頃になると乃木坂46を知らない方もよく耳にする事も、多くなってくるのではないでしょうか。

これが功を成したのか、このリリース以降の、2015年に『CUTiE』の専属モデルとして活動する事も決定し、この雑誌での活躍後、雑誌の休刊と共に、更にこの後ファッション誌『sweet』においてもレギュラーモデルとなりました。

このあたりから女性人気も出始め、更に乃木坂46の15thシングル『裸足でSummer』、21thシングル『ジコチューで行こう!』、23thシングル『Sing Out!』とセンターを務めるに連れて人気が急上昇しました。

そして初のソロ写真集『潮騒』は総発行部数20万部突破と、次世代の乃木坂46の顔となるべく着実に人気をつけていったのは間違いありません。

出典;https://tv-aichi.co.jp/nogi-kou/

こうしてアイドルとしての段階を踏み、着実に当初の齋藤飛鳥さんからは、番組『乃木坂工事中』を見ていてもわかるように以前より優しく変わっていったように感じます。

『マスクとの比較した顔が小顔すぎる?!』

まず齋藤飛鳥さんの驚愕のマスク画像はこれです。

出典:http://nilcollection.net/wp-content/uploads/2018/08/askamask2.jpg

マスクと比較した顔の大きさが、あまりにも顔の小さい事にこのような事になってしまい衝撃です。
小顔具合が驚きですね。

他にも別メンバーが同じようにマスクをしたときの画像でこんな比較の画像があります。

出典:https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_siggUykCBCYixXBYLjtvMNHCcQ---x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/ans-487281999

これは秋元真夏さんですが乃木坂46のメンバーで、現在のキャプテンです。

秋元さんの場合、頭の大きさでよくいじられる事からこの画像の比較になっているのかと思います。
更に言うと、これはマスクが小さめの物にしていると思えますね。

他のメンバーとも比較してみましょう。

遠藤さくらさん(4期生)・・

出典:https://i0.wp.com/tvcap.info/2019/9/4/sjl;g190904-1213080531.jpg

遠藤さんも、かなり顔の小さい事で話題になっていましたので、確認しましたがこれもびっくりですね。

乃木坂内のメンバーは顔が世間から見たら小さい子が多いようです。

スポンサーリンク

『齋藤飛鳥』さんのまとめ

さて、このように齋藤飛鳥さんの紹介をしてきましたが、思う事はやっぱりアンダー時代はどこか自信も無さげだった齋藤飛鳥さん。

彼女の性格から考えれば、決して前向きなキャラでもないし、少し考え過ぎなところもあるような性格です。

だからこそかもしれませんが、これがセンターを経験し、モデルをやり、更にはソロ写真集の売り上げ等すべてにおいて結果を出した齋藤飛鳥さんは、この経験で間違いなく自信がついてきたのかと思いました。

過去の経験に引きこもりであった事もありましたが、こういった経験をして大人になっていった齋藤飛鳥さん。
良い意味で、変わったのだと感じ取る事ができました。

ネガティブな気持ちは、乃木坂46に加入した事で、変化したとしたら乃木坂46に応募した齋藤飛鳥さんのお母さんの願いは叶ったのではないかと私は感じます。

齋藤飛鳥さんは、いろんな経験の中で、性格が変わっって言ったと言えそうです。そして、マスクと比較しても小顔すぎるに関してはその通りでしたね。
今後も、齋藤飛鳥さんと乃木坂46の活躍を応援していきましょう。

-エンタメ
-,

Copyright© Fun time , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.