~ミドル世代に向けた人間模様から人生を学ぶためのWebマガジン~

Fun time

その他お役立ち情報

プロ野球2018現在チーム成績と残り試合数や日程を考慮の予想順位は?!CSの結果は巨人・ヤクルト・阪神?中日&Deはある??

投稿日:2018-08-08 更新日:

今日の話題は、2018年シーズンも後半戦の山場を迎えている、プロ野球セントラルリーグの順位についてみていきたいと思います。2018年シーズンも8月戦に入り、いよいよ、各球団ともに、最終着地地点を見据えた、最後の攻防が始まってきます。

特に、今年の場合は過去2年と同様に広島カープが2位以下に差をつけている状態です。8月7日現在マジック点灯はしていませんが、この記事を読んでいただいている時期によってはマジック点灯となっているかもしれません。

そんななか、現状で、CS(クライマックスシリーズ)へ進出するのはどのチームなのか?Aクラスと言われる3位以内のチームはどの球団になるのか?予想してみたいと思います。

しかし、困ったことに、わたしの分析力はほぼないに等しく(マイナスかも?(笑))、あくまで、わたし個人の予想ですので、わたしの独断と偏見によるものとご理解の上読んでみてくださいね。よろしくお願いいたします(汗)。

スポンサーリンク

2018年プロ野球セ・リーグ現在状況!

3月30日に始まったプロ野球ペナントレース。セ・リーグの現状を把握していきたいと思います。これが、2018年8月7日現在の状況となります。

出典:https://ameblo.jp/nagomi-home/entry-12276419102.html

現在セ・リーグ順位

まずは、現状(8月7日試合終了現在)の順位と各チームのゲーム差はこの通りです・・

出典:https://baseball.yahoo.co.jp/npb/standings/

この時点で、1位広島と2位巨人とのゲーム差が二けたになっています。その2位巨人ですらゲーム差では借金状態。交流戦の罪と言える状態です。一方で、ヤクルトは交流戦で貯金を6としての現状ですので、交流戦「様様」と言ったところでしょうか。

いづれにしても、1位広島が突出しているのは間違いないところ・・・。問題は、CS(クライマックスシリーズ)に生き残る、3位以内のチームは「どこ?」ってところになってきそうです。

CS(クライマックスシリーズ)とは?

CSはファーストステージとファイナルステージの2段階に分けられている。ファーストステージは、各リーグの2位と3位のチームが3試合制で勝敗を競い合う。すべての試合は2位チームの本拠地で行われ、先に2勝したチームが勝者となる。続くファイナルステージは、公式戦1位のチームとファーストステージで勝者となったチームが、1位チームの本拠地で6試合制で戦う。1位チームには前もって1勝分のアドバンテージが与えられ、先に4勝したチームが日本シリーズへの出場権を手にする。
出典:https://kotobank.jp/word/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-1725839

ということで、レギュラーシーズンが終了した時点で順位が3位以内であれば、日本シリーズを争うことができる可能性が残るということです。

実際、2017年は、レギュラーシーズン順位は「1位:広島、2位:阪神、3位:DeNA」でしたが、日本シリーズに進出したのは3位のDeNAでした。これをメディアなどでは「下克上」ともてはやしました。なので、どのチームも、仮に優勝を逃したとしても、3位以内には入りたいと頑張るわけです。

予想の参考?

というなかで、面白い資料を発見したのでご紹介します・・

出典:https://eikai.co.jp/npb/

日本のプロ野球各球団の最終順位を確率計算して、一喜一憂するためのものだそうです。面白いですね。こんなこまめに・・・。わたしには無理ですね。これらは結果からの確率ということになるのでしょうか・・・。

そして、データでは測れないものとして日程などがあります。そんな中で各チームともに、試合消化数が違うことにも注目しないといけません。9月のプロ野球の日程は、通常、雨天の予備日としてあけてあるもので、雨天中止が少なければスカスカ日程となります。

また、反対に雨天中止が多ければ、9月の日程が詰まり、中には何連戦とかになることもあります。試合を残しているということは順位を上に押し上げていく可能性を残すことではありますが、選手にとっては体力的にキツイと言えます。

プロ野球というのは、人間がやることなので、時には調子が悪かったり、意外と良かったり、若い選手が覚醒したり、あるいは主力選手のケガなど、想定以外のことも起こりえます。そんなことは計算できない部分ですけどね。

2018年で言えば、「阪神・広島・ヤクルト」の試合消化率が良くなく、「巨人・中日」が消化率がいいということになります。これは、ドーム球場の効果だと言えそうですね。

試合消化率の悪さの中で、特に広島と阪神は、豪雨災害の影響で3試合を順延しているので過密日程となり、これがどう影響するか?どう判断して順位予想するか?で結果が違ってきそうです。

わたし的2018セ・リーグレギュラーシーズン順位予想はコレ!!

そしていよいよ私の予想なのですが、最初にお断りしたように、今回のこの記事での順位予想は、わたし個人の独断と偏見によるものなので、当たっても当たらなくてもお許しいただきたいと思います。

出典:http://baseballdays.officialblog.jp/arch/16181320.html

ちなみに、2018シーズンが始まる前に、いつも恒例となっているプロ野球解説者や評論家によるペナントレース予想は、こんな感じでした・・
プロ野球 2018セリーグの解説者による最新順位予想はとは!?今年の予想結果の的中評論家は誰?

では、わたしの2018年レギュラーシーズン順位予想。優勝は『広島カープ』です。8月5日の放送の「サンデーモーニング」で張本さんが今年の優勝は「広島」って言ってたし、2位以下とのゲーム差考えても優勝予想は間違いないものかと思います。

問題は2位以下です。わたしの2位予想は「巨人」です。チーム力があるとは思いませんが、何といっても個人の力はあるチーム。打線は水物ですが、涼しくなっていく中だとベテランが息を吹き返しそうな予感です。

そして3位は「阪神」。「ヤクルト」とどっちにしようか迷ったのですが、試合数を残している阪神にしました。試合数を残し過密日程なのですが、北條など、若手も少しづつ育っていて、集中力を維持できれば連勝もあり得るかと思います。

そして僅差で3位を逃すのが「ヤクルト」。今年は「宮本・石井・河田」という鬼コーチ?を迎え、交流戦ではトップで、かなりチームも変わった感じですが、今年は初年度。来年に期待っていうところでしょうか。

そして、すみません。最下位争いとなるのが「中日」と「DeNA」。「中日」は5位予想です。松坂大輔投手の復活が話題となりました。が、今シーズンは、開幕スタートダッシュができなかったことで波に乗れなかったのがもったいなかった感じがしています。

そんな中で、最下位を「DeNA」と予想しました。わたし的な判断理由は、去年、活躍できた投手が今年イマイチなのと、他のチームの監督たちとは違った奇抜な采配です。去年のCSでは当たった采配ですが、今年は・・・。

ということで、わたしの勝手予想を発表させていただきました。あくまで予想です。外れた方が、結果としては面白いシーズンなのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、日本プロ野球2018年のセ・リーグのレギュラーシーズンを、現状から最終順位を予想してみました。

  • まずは、現在状況把握ということで順位表から。1位は広島が抜け出していますが、まだまだ2位以下は混戦と言っていいのでしょうね。正直、予想はむつかしいと思いました。
  • 「CS(クライマックスシリーズ)とは」で、クライマックスシリーズについて復習。
  • 予想するための情報を検討。いろんな情報から、本来なら多角的に分析するものなのでしょうが、わたしにはその力も頭もないのでフィーリングにて(笑)。
  • わたし的順位予想を発表。1位は「広島」。2位は「巨人」。3位が「阪神」というAクラス。

ということで、現段階におけるわたしの勝手予想ですので、外れることはもちろんありますが、むしろ外れたほうが楽しいとも言えますね。「メイクなんとか」と言って、大逆転優勝した大御所監督もいましたが、プロ野球、最後まで何が起こるか分かりません。

追記:8月15日現在セリーグの現状!CSはどうなる?

プロ野球セ・リーグは8月15日、全3試合が行われ、首位の広島は京セラドームでの阪神戦を6-4で勝利し、マジック「32」が点灯しています。

同じ日の巨人は、打線が爆発し敵地でのヤクルト戦を11-5で圧勝し2位に浮上しました。中日は先発の小熊が8回1失点の快投をみせ連敗を3で止め勝利への執念を見せています。

しかし、広島にマジックが点灯したことで、2018年ペナントレースも終盤戦の佳境を迎えていくことになりそうですね。首位の広島と2位以下のチームとはゲーム差がかなり離れてはいますが、まだCSがあります。現状の順位は・・

出典:https://baseball.yahoo.co.jp/npb/standings/

ご存知のように、2017年は、DeNAが下克上を果たし日本シリーズへ進出しています。2018年のCS進出チームはどうなっていくのか?残り40試合前後は目が離せませんね。

わたしとしては、鍵は「残り試合数」。多く残している「広島」「阪神」「DeNA」がポイントを握っている気がするのですが、果たして…。

この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます

-その他お役立ち情報
-, ,

Copyright© Fun time , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.