~ミドル世代に向けた人間模様から人生を学ぶためのWebマガジン~

Fun time

エンタメ

ドラマ『監獄のお姫さま』で満島ひかりのツンデレのドS刑務官の評価が意外!?

投稿日:

今回の話題は、TBS系ドラマ『監獄のお姫さま』です。今回は『監獄のお姫さま』の豪華なキャストの中でもドSのツンデレ刑務官の若井ふたば役が視聴者から好評を得ている満島ひかりさんを見ていきたいと思います。

この『監獄のお姫さま』は宮藤官九郎さん脚本の「おばちゃん犯罪エンターテインメント」で、演出は「カルテット」の金子文紀さんらが担当しています。出演は主演の小泉今日子さんを始め、菅野美穂さん、夏帆さん、坂井真紀さん、森下愛子さんとごうかそのもの。

そんな中で、ドSのツンデレキャラの満島ひかりさんはどんな評価をされているのかみていきたいと思います。

スポンサーリンク

ドラマ『監獄のお姫さま』とは?

この『監獄のお姫さま』はいったいどんなドラマかというと、罪を犯した5人の女たちと、罪を憎む1人の女刑務官のお話とでも言いましょうか。

出典:https://twitter.com/pripri_tbs/status/897292302468620289

決して相容れないはずの両者の心が通じた時、ある男への復讐が始まる…!しかし、そのリベンジ計画はまさかのハプニングばかり!?過酷な状況でも逞しく生きる女たちの生き様を通して、絆、友情、生きる意味を描く…未だかつてないクライムエンターテインメント!って感じだそうです。

というか、もっと中身を簡単にいうと、このドラマは、罪を犯した5人の女と、罪を憎む1人の女刑務官が、若手社長の板橋吾郎(伊勢谷友介さん)に復讐をするという物語です。

小泉今日子主演「監獄のお姫さま」はココから↓↓
小泉今日子2017秋ドラマ「監獄のお姫さま」の主演に驚き!演技力問われる共演女優陣とは?!

クドカンワールドで満島ひかりが再びドS!

第2話では、夫への殺人未遂事件で5年の実刑判決を受けた馬場カヨ(小泉今日子さん)が、女子刑務所に収監された2011年当時の様子のお話でした。

刑務官のふたば(満島ひかりさん)は、収監されたカヨ(小泉さん)に対し、「今日から69番がお前の名前」と高圧的。少しでも口ごたえをすると「調査をとるよ」と恫喝する様な刑務官。

ここで言う「調査」とは、受刑者が何らかの過失を犯すと受けることになり、「調査」の結果、「懲罰」になると仮出所が遠のくということです。ある時カヨは、収監されているカリスマ経済アナリストの勝田千夏(菅野美穂さん)に目をつけられ、所内でいじめを受けるようになります。

そして、カヨは何者かに息子と一緒に写った写真を隠されて激怒。他の受刑者と取っ組み合いのケンカに。駆けつけたふたばに「なに悲劇のヒロインみたいな顔しちゃってるの、あんたみたいな雑魚が」「雑魚が雑魚寝する場所なの、ここは。雑居房の“雑”は“雑魚”の“雑”」と厳しい口調で責められます。

出典:http://instagramm.in/

自分が写った写真を持ち込まないよう注意されたカヨは、ふたばの目の前で大事な写真を半分に破り、そして息子のみが写った切れ端を見せ、「これなら持っていていいですか?」と聞くと、ふたばはカヨの覚悟に押されるように、所持を許可。

その後、カヨがふたばと独居房に向かうとき、いじめの首謀者である千夏とすれ違う。そこでカヨは千夏を真正面から非難、二人は口論に。そして千夏が「先生、調査とらないんですか?」とふたばに言うと、ふたばは「え? 聞いてなかった」と、カヨをかばうようなそぶり。

この満島ひかりさんが演じるツンデレキャラの刑務官「ふたば」。わたし的に「凄くいい」と思ってしまいました。今までクールさを押し通していただけに、優しさがグッときましたね。

スポンサーリンク

視聴者の評価とは?!

この回の視聴者の反応を調べてみると・・

  • あの冷たい目!ステキです!
  • 宮藤官九郎ワールド全開。バカらしいけど奥が深くて面白い。そして満島ひかりちゃんはいつ観ても可愛い。
  • 満島ひかりのツンデレキャラたまらん!
  • 満島ひかりがドSぶりがたまらないです、本当に
  • トットちゃんやすずめちゃんみたいな天然かわいい満島ひかりも良いけど、ドSな満島ひかりも良いものだ…先生もちょい天然入ってるけど。
  • ドSキャラの満島ひかり強いわ....数ヶ月前まですずめちゃんだったのに
  • ドSな満島ひかりが最高すぎる
  • 俺も調査されたい……
  • ドSの満島ひかり、ええわ〜笑笑

など、わたしと同じご意見を持った方々が多数。そういえば、満島ひかりさんって「ごめんね青春」のときドSシスターされてたんですよね。宮藤官九郎さんは満島ひかりさんにドSキャラをはめようとしてるのかも・・・。

どちらにしても、とにかく楽しんでます。さてさて、第三話に期待ですね。

スポンサーリンク

この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます

-エンタメ

Copyright© Fun time , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.