エンタメ

ドラマ陸王なぜ豊橋国際マラソンで結果は何位?いつからスタートで実在モデルはコレ!?

投稿日:2017-10-09 更新日:

今回の話題はドラマ『陸王』です。このドラマ『陸王』は、池井戸潤氏の小説が原作。ドラマ『半沢直樹』や『下町ロケット』の原作者としても有名な池井戸潤氏の小説『陸王』をテレビドラマ化した作品です。

ドラマ『陸王』の筋書きの面白さは『半沢直樹』や『下町ロケット』級で、そのキャストも超豪華。15年ぶりの連ドラ主演となった役所広司さんをはじめ、人気絶頂の竹内涼真さんや山﨑賢人さん。さらに脇を囲む俳優・女優陣も多彩。

この『陸王』はいつからのスタートなのか?また、なぜ豊橋国際マラソンでその結果は何位だったのか?さらに、このドラマモデルは実在するのか?など調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

ドラマ『陸王』について

出典:https://dorama9.com/

ドラマ『陸王』はいつからスタート?

TBS系日曜劇場『陸王』は10月15日(日)の21:00スタートで、毎週日曜 21:00から。しかも、初回は2時間スペシャルなんだそうです。さらに、都内で女性限定特別試写会後、主演の役所広司さんの舞台あいさつもあったとかで、力が入っています。

原作は池井戸潤氏の小説『陸王』のテレビドラマ化。主演は役所広司さん。寺尾聰さん、竹内涼真さん、山﨑賢人さん、キムラ緑子さん、志賀廣太郎さん、光石研さん、音尾琢真さん、風間俊介さん、阿川佐和子さん、檀ふみさん、市川右團次さん、小籔千豊さん、上白石萌音さんなど豪華キャスト。

『監獄のお姫様』出演の菅野美穂の話題はここから↓↓
菅野美穂演技下手でわざとらしい!?演技力あって上手いの声の真相と堺雅人とのプライベートに驚き?

『陸王』ってどんなドラマ?

『陸王』のあらすじはこんな感じです・・

宮沢紘一は、埼玉県行田市にある老舗足袋業者の四代目社長として日々奮闘していたが、年々先細る足袋の需要から、資金繰りに悩む月日を過ごしていた。

そんな折、銀行担当者とのやり取りを通じて、新規事業への参入を考え始める。それは、会社を今より大きくしたいという気持ちより、新規事業がなくては、この先会社の存続自体が危ぶまれるという危機感から始まったものだった。

そしてその事業とは、足袋製造でこれまで培った技術が活かせる、「裸足感覚」を追求したランニングシューズの開発だ。

しかし従業員20名余りの地方零細企業にとって、それは苦難の道のりだった。新製品を開発するにはあまりに乏しい資金、人材、開発力―。

更には世界的に有名なスポーツブランドとの競争。何度も挫けそうになる宮沢だが、その度に家族が、従業員が、取引先が、銀行の担当者が、そして知り合いを通じた新たな人脈が彼を救う。
果たしてランニングシューズの開発は成功するのか。そしてその先に、「こはぜ屋」の未来はあるのか!?たった一つの商品を愚直につくり続けてきた製造業者が、仲間との強い結びつきをバネに今、一世一代の大勝負に打って出る!!

出典:http://www.tbs.co.jp/rikuou_tbs/#naiyou」

なぜ豊橋国際マラソン?

しかし、なぜ、わざわざ豊橋国際マラソンなのでしょうか?豊橋とは愛知県豊橋市のことで、人口37万くらいの都市です。この地方都市でロケが行われたわけですが、なぜ豊橋かを調べていくと、映画やドラマの撮影の実情が見えてきました。

出典:https://rockinon.com/news/detail/167488

この地方ロケの背景には、撮影のしやすさがあるようです。今回、豊橋での撮影はエキストラが延べ1万人動員されたそうで、その統制や交通遮断などの事情を加味すると都会ほどやり難く地方都市が選ばれる傾向にあるようです。

そしてこのドラマ『陸王』は、延べ1万人のエキストラの観客とともに、「豊橋国際マラソン」という架空のマラソン大会を撮影したわけです。

そして、そのマラソンを走るランナー茂木裕人役には、人気の竹内涼真さん。そのライバル、毛塚直之役に佐野岳さん。そしてちょっと注目したいのが実業団「ダイワ食品」陸上競技部の部員役の和田正人さん。この人、本当に箱根駅伝を走った駅伝ランナーなんです。だからフォームも綺麗。

フォームと言えば、このマラソンシーン、青山学院大学陸上競技部長距離ブロック監督の原晋さんが監修しています。つまり、竹内涼真さんや佐野岳さんの走りのフォームが本物っぽいのは、監督の青学でのトレーニングなどの指導があったからなんだとか。まさに本物追求です。

そのマラソンの結果は?

そして、マラソンの結果は・・・?ってなるのですがここはネタバレにもなってしまうので注意してみてくださいね。

このお話は、竹内涼真さん演ずるランナー茂木裕人が履くシューズがアトランティスの「R2」か?こはぜ屋の「陸王」か?との興味に絞られます。結局、茂木が選んだのはこはぜ屋の「陸王」

出典:https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12206-123618/

「陸王」を選んだ理由を茂木は「自分はケガをしたとき、大勢の人に見捨てられた。苦しいからと言って陸王を見捨てたら、その人たちと同じになってしまう」と。

そして、こはぜ屋の社員が応援する中、「陸王」を履いた茂木裕人が疾走。ライバルの毛塚直之を抜き去って日本人トップでゴールするという結果です。

明日の約束』出演の仲間由紀恵の話題はココから↓↓
仲間由紀恵2017現在の体型が仕事選びに影響?秋ドラマ「明日の約束」毒親役は痩せたかに注目!?

『陸王』のモデルは実在する!

今回のドラマ『陸王』は、池井戸潤氏の小説『陸王』のテレビドラマ化ですが、実際、のこ小説『陸王』にはモデルとなる企業が存在したのでしょうか?結果から言うと、存在しています。

「陸王」のモデルになったメーカーは埼玉県行田市に実在。「きねや足袋」というメーカーで、そのサイトには、「2013年4月 直木賞作家 池井戸潤氏が弊社を取材、小説すばる(集英社)連載『陸王』を執筆」とありました。

出典:https://bookmeter.com/books/11060897

また、埼玉県行田市には「陸王杯」という冠がついた「陸王杯行田市鉄剣マラソン大会」というのがあるのだそうです。そして、『陸王』のモデルになったと思われるシューズが実際に販売されているようで、その名前が「MUTEKI」なんだとか。

これらをモデルとして、作家・池井戸潤氏が小説「陸王」として世に送り出したというわけです。

スポンサーリンク

ドラマ『陸王』まとめ

今回は、TBSドラマ『陸王』について、気になった点を調べました。まずは、なぜ豊橋国際マラソンとなったか?についてですが、普通に考えると埼玉県行田市にも「陸王杯」というマラソン大会があり、そちらでいいのではと思ってしまいそうです。

しかし、そこはそれ、撮影に適するかどうかとか、大人の事情というのがあるようですね。そして、ドラマ『陸王』モデルは実在していました。その辺のリアルさが、池井戸作品の人気の秘密なのかもしれませんね。

そして、ドラマ『陸王』の中身では、豊橋国際マラソンでの結果は?についても見てきました。池井戸作品らしい終り方でスッキリさせてくれています。

このドラマは、本文中にも書きましたが、小説づくりと同じくドラマ作りについても走りのシーンを青学の監督に依頼したりと本気度は凄いもので、それがそのまま感動にもつながっていくようですね。

とにかく、必見のドラマ『陸王』。じっくり見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます

-エンタメ
-,

Copyright© アラフォーからの資産構築 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.