~ミドル世代に向けた人間模様から人生を学ぶためのWebマガジン~

Fun time

その他お役立ち情報

松山千春1時間遅延の飛行機内で神対応を称賛される!?機内で緊急コンサート「大空と大地の中で」を熱唱!

投稿日:

シンガーソングライターの松山千春さんのとても心温まるお半死があったので、伝えたいと思います。2017年8月20日の正午ごろ、松山千春さんは、北海道の新千歳空港から大阪(伊丹)空港行きの便に乗っていました。

しかし、その飛行機は、混雑により出発予定時刻を過ぎても出発できず、乗客は約1時間待たされることになっていたんだとか。その理由は、保安検査場の混雑だったようで、大渋滞を起こしていたそうです。機内のお客様にお詫びのメッセージを流していたそうです。

スポンサーリンク

乗客の方の話によると、「機内はピリピリした様子でした。また、遅延の理由が保安検査場の混雑によるものでしたので余計に私を含めた乗客はイライラしていたと思います」という状況だったようです。

出発時刻から遅れること約1時間の12時50分頃、12時50分頃、乗客たちはある有名人の登場で度胆を抜かれることになったそうです。シンガーソングライターの松山千春さんが突然、客室乗務員用のマイクで乗客に話し始めたそうです。

出典:http://www.sanspo.com/geino/news/101002/gnj1010020505016-n1.htm

「滅多にこんな事はないんです。皆さん頑張ってますから、もう少しお待ち下さい」と話し、自身の楽曲「大空と大地の中で」の冒頭を歌いだしたんだそうです。

松山千春さんは、夜21~22時に放送されるレギュラー番組「松山千春のON THE RADIO」の生放送に出演する予定でその飛行機に乗り合わせたんだとか。

松山千春さんは歌い終わると、「皆さんのご旅行が、またこれからの人生が、すばらしいことをお祈りします。もう少しお待ちください。ありがとうございました」と話し、拍手喝采が巻き起こったそうです。

乗客の方の一人は「歌われた後は、場はなごみ、乗客のいらだちが歓声に変わって、即席コンサートのようなものになってました」と話していたそうです。

ラジオの生放送では「おれも出しゃばったことしているな、と思うけどさ、皆の気持ち考えたら、何とかしなきゃ、みたいな。機長さんよく許してくれたな、と思うわ。うそみたいな、話でした」と話していたんだそうです。

北海道を愛する松山千春さん。北海道を旅行した思い出の最後を悪いものにしてほしくないという思いがあったのか、まさに神対応といっても過言でない行動でした。

また、松山千春さんがその場で選んで歌われた曲「大空と大地の中で」は今から40年近く前の歌ですが、北海道を思って歌ったいい歌です。選曲も「神ってた」かもしれませんね。

スポンサーリンク

この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます

-その他お役立ち情報

Copyright© Fun time , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.