~ミドル世代に向けた人間模様から人生を学ぶためのWebマガジン~

Fun time

ビジネスニュース

都議選2017は自民大敗で「今後どうなる」を各新聞社の記事から検討!【続報】小池百合子都民ファーストの会の代表辞任の本当の理由とは?!

投稿日:2017-07-03 更新日:

今回は2017年7月2日に行われた、東京都議会議員選挙の結果判明による「今後どうなるのか」について、各新聞社の意見がどちらのベクトルなのかを調べてみたいと思います。

2017年7月2日に東京都議会議員選挙があり、即日開票が行われ選挙結果が判明しました。それによると、定数127議席に対し、都民ファーストの会代表の小池東京都知事の勢力が79議席獲得しました。(都民、公明、ネット、都民の推薦の無所属を含む)

スポンサーリンク

各新聞社の論調は・・?

一方、選挙前、最大勢力であった自民党は、選挙前の57議席を大きく下回る23議席となり、大敗と言える状況になりました。この状況に各新聞社の論調をわたしなりにまとめてみました・・

読売新聞

  • 『都議選自民大敗 「安倍1強」の慢心を反省せよ』
    • 小池氏支持勢力の責任は大きい
    • 公明と二人三脚が奏功
    • 閣僚らの失言も響いた
    • 知事の監視機能が重要

論調としては、「自民党の安倍政権のおごりと緩みに反省を求める」ということなのでしょう。今回の選挙で、自民党は長年連携した公明党と袂を分かち、その上、加計学園問題や稲田防衛庁長官の失言問題などが重なり大敗。自民に反省を促す内容。

また、都政については、選挙に勝った小池勢力の今後への責任の重さ、スピードを要求した内容になっている気がします。

また。今回当選した、小池支持の議員の政治経験に乏しさを指摘。小池知事と一線を画さないと、小池氏が批判してきた「古い議会」と同じになりかねないと指摘しています。

今読まれている、「森友学園問題」の記事はこちらから↓↓
「森友学園問題とは?」女性にもわかりやすくまとめてみた!真相がどうなったかを最新版で検証!

朝日新聞

  • 都議選、自民大敗 政権のおごりへの審判だ
    • 数の力で議論封殺
    • 臨時国会を召集せよ
    • 小池都政も問われる

小池百合子都知事への期待が大きな風を巻き起こした。ただそれだけでなく、安倍政権のおごりと慢心に「NO」を告げたのだと国政の影響を強く表現した内容かと思います。

また、「都政運営の基盤を盤石にした小池知事も力量が問われる」とし、小池東京都知事に対しても、「ふるい都議会を、あたらしく」という宣伝文句で、自民党都連を「敵」に見立てた手法は評価。

しかし、今後にたくさんの課題のある東京都政について、その対応の厳しさも指摘していると感じます。

今回の記事では、選挙結果に、都政と言うよりも国政がらみの状況を前面に押し出した無いようになったかと思いました。

産経新聞

  • 小池勢力圧勝 都政改革の期待に応えよ
    • 東京都議選、自民党惨敗!
    • 東京都の問題議論尽くされず

産経新聞は、いままでの2紙とは違い、国政の話よりも、都政やこれからの東京都についての記事が多かった気がしています。東京都の有権者の方が読まれたならば、しっくりきたかも知れません。

豊洲移転や築地再開発の問題、3年後に迫る東京五輪・パラリンピックの問題、さらには、待機児童問題などの都民の生活に関する課題などもに対する今後の小池東京都知事の議会運営に焦点が当たった書き方だと感じました。

毎日新聞

  • 都議選で自民が歴史的惨敗 おごりの代償と自覚せよ
    • 「築城3年、落城1日」
    • 自民党は歴史的な大惨敗を喫した
    • 民進党は政権批判の受け皿になるどころか、小池新党と自民党の対決構図の中に埋没

毎日新聞は、都政と言うよりも、国政に与える影響や、「加計学園」問題や「共謀罪」法の強引な採決、さらに稲田朋美防衛相の軽率な言動などで、政権に対するダメージの書き方が多くされている印象です。

ここで印象に残ったのは、民進党や、共産党の健闘にも触れていたのは良かったと思います。都政の問題などについての記述は少なく感じました。

以上、各紙の2017年東京都議会議員選挙を終えての論調を調べてみました。ご参考にしていただければ嬉しいです。

スポンサーリンク

【続報】小池百合子都民ファースト代表辞任!

小池百合子東京都知事は都議選の投開票から一夜明けた昨日、「二元代表制への懸念があることを想定し、知事に専念する」と、同日付で「都民ファーストの会」代表を退くことを表明しました。後任は、知事特別秘書の野田数幹事長。

これを聞いて私が一番に思ったのは、「そんな事、代表になる前からわかってたんじゃないの?」ってこと。今になって持ち出すのはどうかと思いました。東京都民である街の反応は・・

  • 小池知事が代表でなくても、私が支持した政策の実現にプラスになるよう働きかけをしてほしい
  • これまでの彼女の行動から考えると、今回の辞任もパフォーマンスや戦略の一つではないかと思ってしまう
  • 小池知事がリーダーシップを発揮してくれると思って投票した面もあるので残念
  • 選挙前に代表になって選挙が終わった途端にやめるのは、少しずるいような気がする。新しい代表についてもよく知らないので何とも言えない
  • 候補者の人柄で選んで投票したので、小池知事が代表でなくなっても問題ない

このように、戸惑う声が多く聞かれています。選挙戦略かもしれませんが、少し露骨過ぎる気がします。小池知事が言われていることはその通りなのでしょうが・・。気持ちがなかなかついて行かない思いでした。

小池百合子氏の噂される代表辞任の本当の理由とは?

小池東京都知事が「都民ファーストの会」の代表を退いたのはなぜなのか?昨日からの疑問でした。ネットに噂が有ったのでご紹介したいと思います。

もともと小池氏は都民ファの代表になる予定ではなく、1か月前に都民ファの支持を高めるのと、当時代表の野田氏がアントニオ猪木氏から公金着服で刑事告訴の話が出て、やむなく代表になっただけなのではないかと言う話。

これから都民ファの当選者達のスキャンダルが次々に噴出しそうなので、代表のままだと小池氏を直撃するので、再び野田氏を代表に戻し、自身は火の粉から逃れるのではないかと言う話です。

そしてほかにも、小池東京都知事は、自らをフリーなポジションに置き、いずれ時が来た時にはどこにでも打って出られる状況を作りたいのではないかと言う話です。

色々な動きが国政で出ると思うが、今はその時期ではない。情報公開、国民ファーストをベースに考えていく必要があるという方が増えれば、それは国民にとっても良いことだと思うと語っていて、自身の立ち位置をフリーにしたいのではないでしょうか。

「都民ファーストの会」は、選挙で377項目の政策を公約に掲げています。目玉は議員提案による条例制定や議会改革となります。しかし、条例の策定には専門知識が不可欠で、同会の実力が試される事になります。

「議会の質を上げ、古い議会を新しい議会に変えていく」と議会改革の必要性を訴えてきたなか、それに期待し投票した都民にどうこたえていくかが注目されます。

 

スポンサーリンク

この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます

-ビジネスニュース
-, ,

Copyright© Fun time , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.