ビジネスニュース

「森友学園問題とは?」女性にもわかりやすくまとめてみた!真相がどうなったかを最新版で検証!

投稿日:2017-05-01 更新日:

このページでは、以前から書いている記事で『「森友学園の問題とは?」女性にもわかりやすくまとめてみた!』で、記事量が多くなってきたので続きを記載していこうと思います。これまでの流れは、こちらからご確認ください。

「森友学園の問題とは?」女性にもわかりやすくまとめてみた!最新情報を要約すると結局民事再生法適用となる結末なの?!

この記事では、「森友学園問題」の真相がどうなった?とか、森友学園前理事長籠池泰典氏夫妻と安倍首相のファーストレディー昭恵夫人との新た出てきた情報など、最新の情報をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

国有地売却での籠池氏夫妻と財務省側との面会の詳細とは?

4月28日、学校法人「森友学園」への国有地売却で、学園の籠池氏夫妻と財務省側との面会の詳細が開かされました。わたしの読んだ産経新聞によると・・

民進党のヒアリングで籠池氏は、面会時の音声データを書き起こした書面を公表。応対したのは理財局国有財産審理室長の田村嘉啓氏のようです。

小学校開校のため学園が当時借地してた国有地の地下から大量のごみが見つかった問題で、「地主責任がある」と強く対応を求める内容だそうです。いったい、どんな内容だったのかというと・・

  • 国有地の地下ごみは前年から確認。近畿財務局は土壌改良業者に「予算はつかない。場内処分の方向で」と埋め戻しを指示。
  • 籠池氏夫妻は「場内処分」の話を最近聞いたとし「こんなんで小学生の安心、安全の教育ができますか。できないじゃないですか!」と憤った。
  • 田村氏は、当たり障りのない短い発言だったようで、籠池氏の妻から「自分の発言もできない人が増えた。田村さんもその一人」「そんな言葉しか返ってこないんですか、あなたは。血も涙もない」と皮肉られたとか。

出典:http://gioire.net/moritomogakuenrijityoukagoike/

このやり取りから、見えてくる籠池氏の要望を整理すると、「地下ごみに対する早期の国の対応」「学園側が立て替え払いした土壌改良費の支払い」「借地から国有地払い下げへの早期実行」と考えられます。

このヒヤリングでは、「昭恵夫人に名誉校長になってもらったことで、土地についてスピーディーにものごとが動いた」と昭恵夫人が関わっていたことも強調したようです。

さらに籠池氏は、近畿財務局の対応に不満のひとつとして「あの方自身が愚弄されていると思った」とも述べているそうです。最後に田村氏が「がれきの事実を踏まえ検討する」と回答。池氏夫妻は「話してよかった」と言ったようです。

その3カ月後の28年6月、地下のごみ撤去費は8億2200万円と算定され、学園は国有地の鑑定価格9億5600万円から、これを差し引いた1億3400万円で土地を取得したことになります。

以上が、今回のヒヤリングで分かったことです。真新しい事実が確認できたというようなことはなかったですが、この音声データ―の書き起こしからの、籠池氏夫妻の要望にはわたしはあまり違和感は感じませんでした。

わたしが違和感を感じるのは、この記事の最後の「1億3400万円で土地を取得した」というところ。そこには何一つ触れられていません。

音声データ―の書き起こしというのは、周辺状況の証拠には違いありませんので非常に興味はありますが、問題の核心となる、なぜ、9憶5000万円が1億3400万円になったかの説明ではないからです。

依然、核心には触れず周辺情報を小出しにして、そちらに気を引く籠池氏の戦略に嵌っている気がしてなりません。また、今回のことから、以前から言われている通り、籠池氏がかなり人の影響力を使うのが上手い人だとも思いました。

スポンサーリンク

安倍総理夫人昭恵氏との写真を近畿財務局に示した?

5月もGWが明け、森友学園問題にも新たな展開が起こるのでしょうか?今回は、朝日新聞が行ったインタビューが興味深いものだったのでお知らせしようと思います。

学園前理事長の籠池泰典氏が「安倍晋三記念小学校」との校名を記した設立趣意書を2013年に財務省近畿財務局に出し、さらに、14年には、安倍昭恵氏と建設予定地で撮影した写真も示し、支援を受けていると説明したそうです。

小学校設置の認可を受けるためには、建設地を自己所有しているのが原則です。近畿財務局は将来の売却を前提とした定期借地契約を学園側と結ぶ異例の手続きを15年5月に取っています。

出典:http://remon.xn--u9jwcwdulia6bt1d0281m.asia

もし、籠池氏の証言が正しいなら、財務省側が14年時点で国有地の取引を昭恵氏関連の案件と認識していた可能性も出てきたことになります。

籠池氏の話しによると、小学校の建設用地として、大阪府豊中市の国有地を取得したい要望書を近畿財務局に出した際に、小学校の設立趣意書添付したとのこと。

籠池氏は「日本初で唯一の神道の小学校」の開設を目指しており、設立趣意書に記した名称を「安倍晋三記念小学校」としたと言っているようです。その後、14年4月、安倍昭恵氏を学園の幼稚園での講演に招いています。

その際、建設予定地に案内しいた安部昭恵氏と一緒に記念撮影をし、その後の近畿財務局との土地取引の交渉で、財務局側から「見せてくれ」と求められ、写真を渡したと言っているようです。

写真を受け取った担当職員は「コピーを取って局長にみせる」と言っていたそうです。籠池氏は「わかってもらわないと」と話したそうです。

ここでもまた、安部昭恵氏の影響力を使おうとする、籠池氏の狡猾さが浮き彫りになってくるのですが、その裏に、公務員というか、サラリーマンの悲哀が隠れている気がしてなりません。

籠池氏は言葉巧みに、安部昭恵氏を気分良くさせ写真を撮り、その影響力を使って、自らに有利に働くよう仕組んだものでしょう。しかし、それが日本の政治を司る総理大臣まで巻き込んだもの試しようとは普通思えませんよね。

その籠池氏を安倍首相も国会で、「妻から森友学園の先生(籠池氏)の教育に対する熱意は素晴らしいという話を聞いている」と。子供たちに教育勅語を教える教育者を、首相が「素晴らしい」と讃えたことも問題なのではないでしょうか。

いずれにしても、この問題も長期化しており、早い解決を期待したいと思います。

スポンサーリンク

この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます

-ビジネスニュース
-

Copyright© アラフォーからの資産構築 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.