~ミドル世代に向けた人間模様から人生を学ぶためのWebマガジン~

Fun time

その他お役立ち情報

顔用日焼け止めの今年の最強人気はコレ! スプレータイプの効果的な使い方3つのポイント!

投稿日:

こんにちは、NAOです。

紫外線が気になる季節になりましたね。

紫外線は1年中降り注いでいるのでキメの整った魅力的な肌をキープするためには季節に関係なく顔の日焼け対策をすることが大切です。とりわけ紫外線量が増えるこれからの季節は、紫外線が増加するこの季節に合わせた日焼け止めを選ぶことが「美肌」を維持するポイントになります。

化粧品メーカー、医薬品メーカーも今年も「より使いやすく」、「より効果の高い」新商品を投入してきますね。その中でも、顔用日焼け止めの今年のタイプ別おすすめ商品を先取りしてみてみましょう。

日焼け止めにはさまざまなタイプがありますが、とりわけスプレータイプって「手軽で便利!」の声がある一方で、「いまいち使い方がわからない」「効果的な使い方が知りたい」という声も。スプレータイプの日焼け止めの効果的な使い方を3つのポイントでお伝えします。

まずは、紫外線の基礎知識を身に付けて、日焼け止めの種類から、選び方、今年の人気タイプそして使い方までしっかり紹介して行きたいと思います。あなたもこの記事を読んで、「色白美肌」で冬を迎えましょう。

スポンサーリンク

商品選びに役立つ紫外線の基礎知識

紫外線の種類は3種類!対処法も違う!?

太陽の光には、目に見える光(可視光線)と、目に見えない赤外線、紫外線とがあります。紫外線は、その中で最も波長の短い光で、波長によってUVA、UVB、UVCにわかれますが、実際に地表に届くのは、そのうちUVAとUVBです。

老化をおこすUVA

紫外線A波は肌の奥深く真皮まで届き、肌内部に活性酸素を作りだします。すると、DNAを傷つけたり、コラーゲンやエラスチンも破壊し、シワやたるみなどの肌老化を招きます。窓ガラスや雲も突き抜けるため、曇りの日や室内でも注意が必要です。

しみを作るUVB

紫外線B波は肌表面が赤くなる炎症を引き起こします。肌表面に発生した活性酸素は、紫外線を浴びなくても過剰なメラニン色素をつくり、やがて色素沈着となりシミやソバカスの原因に。別名「レジャー紫外線」とも言われます。

季節によって違う紫外線量!対処法も違う!?

紫外線は夏に強く、冬には弱まりますが、これは、紫外線が大気層(オゾンなど)を通過する距離と関係があります。

例えば日本の場合、太陽が最も近づく夏至の頃は、紫外線が大気層を通過する距離が短いため、強い紫外線のまま頭上に降り注ぎます。UVBは夏に比べ冬はおよそ5分の1にまで減るのに対し、UVAは夏に比べ冬は2分の1程度と変動量が少ないため、冬でも十分な紫外線ケアが必要といわれるのはこのためですね。

ワンポイント!アドバイス

紫外線の量は場所によっても異なります。また、地表の表面状態によっても紫外線の反射率は異なります。新雪はおよそ80%、砂浜はおよそ25%を反射します。一方、水面はおよそ95%を透過するので、水の中であっても、注意が必要です。夏の浜辺、冬の雪山でのレジャーでは紫外線ケアが大切になります。海で日焼けして真っ黒!以上に、スキー灼けで真っ黒!が多いのはこのせいだったんですね。

日焼け止めについての基礎知識

ひとくちに日焼け止めと言っても、色んな種類があって迷ってしましますね。自分の目的や肌にあった商品選びのために日焼け止めの種類や、いまさら聞けない日焼け止め特有の言葉の意味などおさらいしておきましょう。

知ってるようで知らないPAとSPF

日焼け止めには、PAとSPFという記載がありますが、このPAとSPFの意味について確認しておきましょう。

紫外線A波から守る指標!PA

日焼け止めに表記されているPAはProtection Grade of UVAの略で、UVA防御指数ともいわれます。紫外線A波のブロック効果を表すもので、効果の高いものからPA++++、+++、++、+、の4段階で表記されています。紫外線A波は波長が長く、ガラス越し・曇りの日・冬でも降り注ぎ、肌の奥まで到達します。

紫外線A波で特に気にして欲しいのは、春・夏以外でも「そこそこ降り注いでいる」ということ。紫外線B波は10月~2月にガクっと減るのに比べ、A波は安定して降り注いでいるのです。ですから、PA効果のある日焼け止めや化粧下地は年中必要ということですね。

紫外線B波から守る指標!SPF

もう一つ、SPFという表記。Sun Protection Factorの略で、紫外線防御指数ともいわれます。紫外線B波からの防御力を表す数字で、日焼け止めを使用した際に使用しなかった場合と比べ、日焼けがはじまるまでの時間を何倍遅らせることができるか、を示しています。

個人差はありますが、10~20分程度で日焼けがはじまるといわれています。20分で日焼けがはじまる人の場合、SPF10で20分×10倍=200分、つまり日焼けがはじまる時間を20分から200分まで遅らせることができる、ということなのです。

選び方のポイントは、通勤やおつかいなど1時間以内のお出かけにはSPF35程度、1時間以上のレジャーやスポーツにはSPF50以上を使うことをおすすめします。

日焼け止めのメカニズム

紫外線をブロックしてくれる日焼け止めですが、その成分、ブロック方法は大きく分けて2種類あります。二つの特徴を知って効果的に取り入れたいものです。

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は、鏡のように紫外線を反射させることで肌へ紫外線が届くのを防ぎます。「紫外線散乱剤」は、ファンデーションなどの原料として使用されることもある金属酸化物などが原料。ファンデーションを付けるだけで日焼け防止になる、といわれるのはこのためです。

自然に存在する成分が多いため肌への負担が軽く、成分が壊れないため長持ちします。ノンケミカルと謳われる製品は、この紫外線散乱剤のみを使用し紫外線吸収剤を含まないものを指します。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収し、そのエネルギーを熱に変換することで紫外線から肌を守ります。「紫外線吸収剤」は、主に有機化合物が原料。紫外線の遮断効果が高い上、付け心地がよく白浮きもしないため、製品として扱いやすいという特長があります。

しかし、紫外線吸収剤自体が紫外線と反応し変質するため、時間と共に効果が薄れます。また、肌への負担も散乱剤に比べ高くなっています。

二つの特徴を知ると、どんな場面で日焼け止めしたいのか、また塗り方の注意点や、効果を持続するためのポイントもわかってきますね。

日焼け止めの種類

クリーム

一番メジャーなのがこのタイプ。保湿力が高く、乾燥肌・敏感肌の方にもおすすめです。しっかり塗れて落ちにくく、化粧下地として使えるものも多くあります。しかし、伸びが悪いため塗りにくく、白浮きしてしまうことも。また、油分が多いため、肌荒れ・ニキビの原因になることもあります。そして、落ちにくいということは落としにくいということでもあります。肌に残らないよう、クレンジング剤などを使ってしっかり落とすようにしましょう。

ミルク(乳液)

肌にやさしいこのタイプは、敏感肌の方におすすめです。伸ばしやすく塗りやすいので、顔だけでなく体にも使いやすいことが特長です。

ローション

一番肌にやさしいのがこのタイプ。敏感肌の方でも気軽に使えます。化粧水のようなテクスチャで扱いやすいため、日々のスキンケアに紫外線対策を気軽に取り入れられます。しかし、落ちやすくSPF・PAも低いものが多いため、屋外スポーツなどには向きません。

ジェル

塗布後の肌がベタつかずサラっとしているため、日焼け止め独特のベタつきが気になる方におすすめです。透明で伸びもよく非常に使いやすいため、気軽に全身に使っている方も多いのではないでしょうか。しかし、その使用感に反して刺激の強い成分を配合していることが多いため、特に敏感肌の方は注意が必要です。

スプレータイプ

手で塗るタイプの日焼け止めとは異なり、スプレー缶に入っているのがこのタイプ。塗りにくい場所や、日焼け止めを嫌がる子供にもおすすめです。シューッと吹きかけるだけなので手が汚れず手軽に使えます。しかし、周囲に飛び散るため使う場所を選ぶ、塗りムラができやすい、といったデメリットもあります。

パウダータイプ

メイクの仕上げに乗せるだけなので、塗るタイプが苦手な方にもおすすめです。肌にやさしく落としやすいため、敏感肌の人にもよいでしょう。また、化粧なおしとしても優秀です。ただし、落ちやすいため、都度の塗りなおしが必要です。

スポンサーリンク

 

顔用日焼け止めの今年の最強人気ベスト3

サンシェルター マルチ プロテクション(コスメデコルテ)

SPF50+・PA++++
紫外線だけでなく、大気汚染物質までプロテクトする、スキンケア効果をさらに高めた日やけ止め乳液。微粒子をブロックし、環境ストレス因子からも肌を守ります。水系保湿成分が、乾燥しがちな肌に潤いを与え、日中もみずみずしい素肌を保ちます。お手持ちの洗顔料やボディ洗浄料で落とせます。さわやかで清々しい、フレッシュハーバルグリーンフローラルの香りです。

マルチプロテクションの名前の通り、大気汚染物質までプロテクトできる優れもの。乳液タイプです。日ごろ使っている洗顔料で落とせるのもいいですね。これからの季節の普段使いに超オススメです。美容液の延長線上のような使い心地で、サラッとして重たくない感じ。

付けた後は、艶っぽい感じになりますが、色味の調整機能はないため、化粧下地としての使用がオススメです。

UV エクスペール BB(ランコム)

SPF50・PA++++
全2色
大気汚染、紫外線、酸化ストレス、炎症によるダメージから肌を守り抜くアーバン シールド テクノロジーを搭載。過酷な環境で都市生活を送る女性たちの肌をプロテクトし、早すぎるエイジングを防ぎます。軽く付け心地のよいテクスチャーにこだわり、多種類のミネラルピグメントを効果的に配合した処方で、ムラのない輝きのある肌をつくります。

紫外線だけでなく、大気汚染、酸化ストレスのダメージからも肌を守るというコンセプトが今年風です。2色から選べ、肌色補正効果も高く、これ一本で日焼け止め、化粧下地、ファンデーション効果まで期待できます。手持ちのファンデと合わせて使えます。

ナチュラルUVプロテクション(ニールズヤード レメディーズ )

SPF30・PA+++
ソイルアソシエーション認定オーガニックのUVケア。さらりとした質感で、白浮きせず、ソフトマットな仕上がりです。シャクヤク、ユキノシタ、ウメなど和の植物エキス配合でダメージをケアしながらうるおいのある肌に整えます。透明ヴェールで肌を包みこみ、一年中紫外線から肌を守る化粧下地としてもお使いいただけます。肌をいたわりながら爽やかに香る、ラベンダー、オレンジ、レモングラスなどのハーブの香り。洗顔料で洗い流せるため肌への負担が少なく、ファミリーで使えるUVケアです。

顔用では3位ですが、実はBODY用では人気1位の商品です。日本人の肌に合わせたノンケミカルの肌に優しいUVミルクです。子供にも安心して使える原材料。普通の洗顔料で落とせて、べたつかずさらっと仕上がります。SPF30・PA+++で、子供から大人まで、普段使いに超オススメです。

スプレータイプの効果的な使い方3つのポイント

ここ数年はスプレータイプの日焼け止めもたくさんの種類が出ています。UVスプレーとも言われ、その名の通りスプレータイプの液体日焼け止めです。ボディー全体と顔にも使えて重宝します。特に背中や首、つま先などを露出するこれからの季節には必需品です。

最近ではメイクの上から顔にスプレーできるものや、髪にかけられるものも販売されているんです!どんどん進化していますね。

ただ、「手軽で便利」だけど、効果はあるの?効果的な使い方を知りたい!って声も多いようです。手軽で便利なら効果的な使い方を知って上手に使い分けたいところですね。効果的に使うための3つのポイントをお伝えします。

ポイント1)手で塗りづらい背中や髪・頭皮、足元へのポイント使いに便利!

海やプールで一日中過ごしたら、頭皮は真っ赤!髪はギシギシなんてことありませんか?さらには、1日海で過ごしたら、足の甲にビーチサンダルの日焼け跡!他のサンダル履けないなんて経験も・・。足元や頭皮、髪の毛にさっと一吹き。手が汚れないから、気になった時にシュッと一吹き気軽にできるのがポイントです。使用上の説明書を読んで、書いてある頻度で使用するとしっかり効果が期待できます。

ポイント2)使用上の注意を必ず確認!メイクの上から使用OKも続々登場!

みんなが着目するのが「顔にも使える」という触れ込みのUVカットスプレー。ただし「顔用日焼け止めスプレー」と書いてあっても必ずあなたが使う製品の使用上の注意を確認してくださね。または、購入前に確認するのがポイントです。

「顔にも使える」が商品のキャッチフレーズになっていたりするんですが、使用上の注意に、「顔に使用する場合は、直接の噴射はさけ、一旦手に出して少量ずつ指で伸ばしてください」との記載があるんです。これでは、クリームや乳液と変わらないじゃんってことですね(;´д`)トホホ…

でも・・ちゃんと発見しました。顔に直接噴射もOKの日焼け止めスプレー。しかも、使い心地や香りも選べるし、低刺激で敏感肌の方や子供にも使えるものも続々登場しています。目的や好みに応じて選んでくださいね。

ポイント3)あわせ技で完璧ガード

UVカットスプレーは手軽に使える・透明で白浮きしないなどの強みがある反面、ムラになりやすい・塗布量が不足しがちといった弱みもあります。ですので、外出前には、クリームタイプ、乳液タイプの日焼け止めで一度しっかり全体をカバーしておき、外出先ではスプレーでこまめに塗りなおす(噴きなおす)あわせ技で紫外線を完璧ガードするのが超オススメです。

もちろん、頭皮や髪には、外出前にもシュッとスプレーがポイントです。日中は2~4時間ごとに、スプレーで簡単&キレイに日焼け止めを塗り重ねれば、一日中全身安心です。

スポンサーリンク

まとめ

自分にあった効果的な日焼け止めを選んでいただくために、紫外線についての基礎知識や、日焼け止めに使われる数値、日焼け止めのメカニズム、日焼け止めの種類についてお伝えしてきました。

さらに、ますます高機能になった顔用日焼け止めの今年の人気商品3点をご紹介しました。日焼け止めの機能のみならず、大気汚染や酸化ストレスからも肌を守ってくれる高機能商品が今年のトレンドになっています。「日焼け止め+美肌効果」が当たり前になってきています。

「手軽で便利!」と新商品も続々登場しているスプレータイプの日焼け止め。スプレータイプの日焼け止めの効果的な使い方の3つのポイントは

  • 手で塗りづらい背中や髪・頭皮、足元へのポイント使いに便利!
  • 使用上の注意を必ず確認!メイクの上から使用OKも続々登場!
  • あわせ技で完璧ガード

でした。真夏だけ紫外線ケアをしていればいいと思っていた人も、1年中しっかり紫外線ケアをしていた人も、せっかくなら、効果が最大限に発揮できるように使いたいですね。

顔用日焼け止め。使う場所や季節、目的に合わせて、正しく選んで、最大の効果を手に入れましょう。いっしょに「色白美肌」で夏を乗り切りましょう。

スポンサーリンク

この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます

-その他お役立ち情報
-, , , , ,

Copyright© Fun time , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.