その他お役立ち情報 エンタメ

ディーン・フジオカ報道番組でインフルエンサーに!注目のインフルエンサーとは!?

投稿日:

こんにちは、NAOです。

俳優のディーン・フジオカ(36)が、4月にスタートするテレビ朝日の新番組『サタデーステーション』(毎週土曜20:54~)への出演が決まりました。

最近では、芸能人が報道番組に起用されることも珍しくなくなっていますね。ジャニーズの進出はめざましく『NEWS ZERO』の櫻井翔にはじまり、『ZIP!』の山口達也、『news every』の小山慶一郎、『シューイチ』の中丸雄一、『Going! Sport&News』の亀梨和也と、その数ざっと日テレだけで5番組。

そして、今回のディーン・フジオカの起用。確かにディーン・フジオカといえば海外での活動経験もあり、4カ国語を操ることもできるインテリ派俳優でもあります。今回は、世間に影響を持つ人という意味の“インフルエンサー”として出演予定。

出典:http://www.asagei.com/excerpt/75178

レギュラー番組を持っていなかったディーンを地上波で毎週見られることで、主婦層からは歓迎の声もあがっているようです。一方で、眉をひそめるファンも多いといいます。ディーンには純粋に俳優やミュージシャンとしての活動を期待していた人のほうが多いようです。

インフルエンサーって!?

インフルエンサーとは、人々の消費行動に影響を与える人物のことを指します。特定分野に詳しい専門家やインターネット上で強い影響力を持つ個人などが、インフルエンサーにあたります。具体的な例としては、好感度の高い芸能人やファッションモデル、スポーツ選手、知識人、専門家、著名なブロガーなどがあげられます。
出典:マーケティング用語集 インフルエンサー - J-marketing.net produced by JMR生活総合研究所

ということですが、前述のディーン・フジオカがこの定義に当てはまるかは甚だ疑問ですね。確かに、逆輸入イケメン俳優としてブレイク、女性たちのハートをガッシリ掴んでいるディーン・フジオカさんですが、消費行動に影響を与える人物の定義とは違いファンですら違和感を覚えているようです。

「こういう番組で失敗や失言とかを見たくない」というファンの切実な声もあがっているようで、ファンならずとも、ディーン・フジオカがアナウンス能力やコメント力、現場の対応力と言った意味でどれだけの活躍できるのかに注目が集まります。4月の新番組が楽しみです。

スポンサーリンク

この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます

-その他お役立ち情報, エンタメ
-

Copyright© アラフォーからの資産構築 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.