エンタメ

香里奈2014年の写真流出騒動後主演復帰もドラマは爆死!?新ドラマでリベンジ主演するも裏事情がエグい!?

投稿日:

こんにちは、NAOです。

モデル・女優として「カッコいい女性像」として女性からの人気も抜群でドラマにも多く主演していました。ただ、2014年の写真流出騒動後はイメージダウンは免れず、CM、モデル業とも仕事が激減しています。

長年レギュラーで表紙を務めていた通販カタログ『ニッセン』の表紙も、2015年春号から竹下玲奈が務めると発表され、香里奈さんは降板したものと見られます。

香里奈さんとしては4年ぶりのTBS連続ドラマ『結婚式の前日に』。騒動後の2015年10月からスタートしましたが、香里奈さんとしては女優復帰のきっかけとしたかったはず。しかしながら、初回視聴率は7.7%と振るわず、いよいよ女優人生に黄信号が灯りました。

そのあたりの事情と、さらに2017年1月から新ドラマ『嫌われる勇気』で主演を務めることになった香里奈さんですが、これにもいろいろな裏事情が渦巻いているとか。その辺りも深掘りしてみましょう。

スポンサーリンク

そんな香里奈さんのプロフィールを振り返ってみましょう

出典:http://www.daily.co.jp/gossip/2016/11/29/0009707612.shtml?ph=1

  • 名前:香里奈(かりな)
  • 本名:能瀬香里奈(のせ かりな)
  • 生年月日:1984年2月21日
  • 出身地:愛知県
  • 血液型:A型
  • 身長:165センチ
  • 職業:女優、モデル

香里奈さんは3歳からクラシックバレエを習い現在でもかなりの実力とか。モデル業をはじめたのは15歳の頃からだそうです。

香里奈さんは3姉妹の末っ子で5歳上と2歳上に姉がいますが、長女は能世あんなさん、次女はえれなさんの名前で全員モデルとして活動していました。というのも、2015年にあんなさんは芸能界を引退しています。

写真流出騒動後のドラマ主演で復活を狙った結果は!?

そもそも香里奈さんが女優として視聴率をもっていないことは業界での共通認識らしく、ドラマの内容的なものと鈴木亮平、遠藤憲一、美保純などのベテランが脇を支えることでなんとか騒動の一件落着としたかったが結果は低視聴率のまま爆死。

そしてその理由は写真流出事件のダメージのせいだけでなくそもそも香里奈の女優としての視聴率のなさに理由があるのでは・・といわれました。

とりわけ裏番組で『サイレーン』(フジテレビ系)があり、こちらは、主演の松坂桃李をはじめ、木村文乃や菜々緒、佐野ひなこ、入山杏奈(AKB48)など視聴者の興味を惹くキャストを揃えていたのでぱっと見で香里奈に勝ち目を期待するのは無理と言われていました。

結果『サイレーン』も実は苦戦したのですが、いずれにしても香里奈さんの視聴率のとれない女優のレッテルも拭えないままになってしました。

香里奈が新ドラマ『嫌われる勇気』で主演に決まった裏事情とは!?

女優の香里奈主演のドラマ『嫌われる勇気』(フジテレビ系)の第2話が放送されたが、初回視聴率の8.1%(関東地区)をさらに下回り、6.4%だったことがビデオリサーチ社の調べでわかりました。

出典:公式『嫌われる勇気』

実はそもそも

「『嫌われる勇気』が放送される『木曜劇場』枠は、今年、『ナオミとカナコ』『早子先生、結婚するって本当ですか?』『営業部長 吉良奈津子』『Chef~三ツ星の給食~』と、全て惨敗。主演の松嶋菜々子や、天海祐希といった大女優が株を下げたことで、『フジに出ると大物がつぶされる』と悪評がささやかれるようになってしまった。そのせいもあってか、最近のフジはキャスティングに難航。人気俳優はフジを敬遠し、なかなか主演が決まらない。今回、“あの人は今”状態と化している香里奈が起用されたのも、そんな事情があってのことでしょう」出典:ライブドラニュース

というフジテレビ側の事情もあり、香里奈の主演を「香里奈が空いている席に収まった」という見方をしている関係者も多い。これではリベンジどころか、そもそも負ける戦に参戦した感を感じるのは私だけでしょうか。

スポンサーリンク

香里奈さんの今回の記事のまとめ

写真流出騒動以降、めっきりCM、モデル活動から姿を見かけなくなった香里奈さん。2015年ドラマ『結婚式の前日に』(TBS系)でドラマ復帰し主演を務めましたが、最終回が終わり、平均視聴率が5.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)であることがわかり初回から心配された通り「爆死」に終わりました。

例の写真流出騒動の影響か!?とも言われましたが、実は多くは香里奈さん本人の女優としての演技力の問題ではとの指摘も多かったようです。

2017年1月スタートの新ドラマ『嫌われる勇気』で女優としてリベンジを果たしたい気持ちでの主演ですが、既に初回視聴率8.1%(関東地区)をさらに下回り、第二回は6.4%だったことがビデオリサーチ社の調べでわかっています。

実は、フジテレビの『木曜劇場』枠は大女優が主演でもコケる枠と元々言われており、人気俳優が避ける「枠」でした。

そんな裏事情がありながらの香里奈さんの主演決定だったのだと思いますが、香里奈のフジテレビの主演は5年ぶりで、渡辺恒也プロデューサーは「周囲に流されず生き方を貫く主人公像がピッタリ」と起用理由を説明しており、香里奈さんご本人も再起をかけての主演ですから、なんとか完全復活の足がかりにしてもらいたいと思います。

香里奈さんはまもなく33歳。以前の「カッコいい女性像」のイメージからさらに進化した大人の魅力で活躍してくれることを期待します。

スポンサーリンク

この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます

-エンタメ
-

Copyright© アラフォーからの資産構築 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.