~ミドル世代に向けた人間模様から人生を学ぶためのWebマガジン~

Fun time

エンタメ

松岡茉優のバラエティ番組での対応力の凄さとは?!性格悪そうって噂なのに人気なのはなぜ?

投稿日:2017-01-05 更新日:

こんにちは、NAOです。

今日の話題の人は『松岡茉優』さんです。最近の私の松岡さんの印象としては、CMでよく見かけるなって感じです。「トヨタホーム」や紳士服の「AOKI」出てくる爽やか系の女子って感じでしょうか。

「清楚」で「カワイイ系」っていうのは、私が勝手に作ったイメージで、実は、松岡さんはバラエティーやお笑い志向も強く、またその才能もあるように見受けられるんです。今日は松岡さんの、バラエティーやお笑いへの対応力に迫ってみたいと思います。

また、性格悪いって噂なのに人気がうなぎのぼりだっていうんです。そもそも、性格悪いの?って話ですよね。そこも調べていきますね。

スポンサーリンク

『松岡茉優』さんのプロフィール!

出典:https://matome.naver.jp/odai/2144453800955758501

  • 名前:松岡茉優(まつおかまゆ)
  • 生年月日:1995年2月16日
  • 出身地:東京都
  • 血液型:B型

妹(松岡日菜)がスカウトされた際、面接に母親と一緒に同行。その際に面接担当者に「お姉ちゃんもやってみる?」と言われて事務所に入ったという変わり種。「妹のついでに事務所に入れてもらいました、妹には頭が上がりません」と話しています。

松岡さんの目標は「女版八嶋智人になる事」と公言。また、「ストレイヤーズ・クロニクル」の瀬々敬久監督が「若い出演者が多い中で、ただ一人円熟の域に達しているといってもいいのが松岡さんでした」と演技力も評価されています。

さらに自身初の大河ドラマ「真田丸」出演が決まった際には、「大河への出演は目標でした。三谷幸喜さんとご一緒するのは野望でした」とコメントしていて、コメント力も発想も、モノの視点も面白いんです。

バラエティーやお笑いへの対応力の凄さとは?

バナナマン設楽さんが「以前、おぎやはぎの番組に出てる松岡さんを見て生意気に感じた」でも一緒に番組に出て「番組が始まってモノの数秒で『すんげぇいい子』だったじゃん」といい、日村さんも「超勘がいいよね」と語ってます。

さらに、設楽さんが「今まで『やだなぁ』って言うのがあった分、ふり幅がでかすぎて『いい子だなぁ』じゃなくて、『あ、この子なんか好きだなぁ』ってくらいまでいっちゃった(笑)』と話されています。

また、設楽さんは「バラエティ思考も強い」「一生懸命」「その番組のテイストでそのポジションにいる」と絶賛。日村さんも「明るい感じ」「ちょっと突っ込んでくる」「お笑いが好きなんだろうね」と話しています。

出典:http://news.aol.jp/2015/02/20/matsuokamayu/

このお二人の話からも分かるように、お笑いやバラエティでの適性があり、また自分の立ち位置やキャラを考えたうえで、その番組でのポジショニングができる数少ない女優さんなのではないでしょうか?

たぶん、それは、「誰かに教わったとか」「練習した」とか言うものではなく、おそらくなら『松岡茉優』さんがもつ天性の才なんだと思います。実は、私もお二人以上に私もバラエティに合ってる気がしています。

性格悪いの?けど人気出てるんだよね?

さて、そんな松岡さんに「性格悪い」疑惑が浮上しているとか?なので、調べてみました。そして分かったこととは・・・?

  • 「あまちゃん」で、気が強く、思った事をはっきり言うリーダー役を演じた=「松岡茉優は性格がキツイ」と言ったイメージがついてしまったようです。
  • 映画「桐島、部活辞めるってよ」では、「生意気でウザい」役を演じた=「松岡茉優はウザい」となってしまったようです。

出典:http://woman.infoseek.co.jp/news/photo/moviewalker_60302

どうも、「出る杭は打たれる」ではないですが、松岡さんのように女優としての演技力も認められ、バラエティーでも状況や進行を見ながらポジショニングできるような頭のいい女性に対する「やっかみ」があるのではないでしょうか?

このように、状況も読め、頭も使える『松岡茉優』さんですから、使う方も使いやすいでしょうし、それに「カワイイ系」で演技力もあるときては人気がうなぎのぼりなのも頷けますね。

現実に、テレビでお顔を拝見することが多くなってきており更なるブレイクの予感がしています。今後の『松岡茉優』さんにますます注目ですね。

スポンサーリンク

整理してみると

ここ最近のテレビでの露出が増えてきている『松岡茉優』さん。バナナマンのお二人に、最初は嫌いだったと言われていたのに、共演時にべた褒めコメントを貰い、さらには「好き」まで言ってもらえてます。

「嫌い」「生意気」「ウザい」とかマイナスイメージは役からのイメージであるようですね。それだけ演技がいいともいえるわけで、そう思えば褒め言葉でもあるわけですね。

さらに、年齢的にはまだ若いにもかかわらず、対応力が鋭くどの番組に出ても自分ポジショニングできる才能の持ち主のようですね。

スポンサーリンク

この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます

-エンタメ
-

Copyright© Fun time , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.