~ミドル世代に向けた人間模様から人生を学ぶためのWebマガジン~

Fun time

エンタメ

渡辺直美は台湾とのハーフだった!?台湾でも絶大な人気ある裏に壮絶過去!?

投稿日:2016-12-26 更新日:

こんにちは、NAOです。

国内のインスタグラムで2冠を達成して話題の渡辺直美さん。あのふくよかな体型でダイナミックなパフォーマンスに誰しも目が釘付け!男女問わず絶大な人気を誇っています。とくに女性からの支持も熱いのが特徴ですね。

観ているだけで、パワーが貰える!元気になる!そんな声が続出です。渡辺直美さんのインスタに癒やされる女子も急増中。そんな渡辺直美さんがハーフ!?との声。あのパワフルでダイナミックなパフォーマンスの影には壮絶な過去があるとの情報も。そのあたり、見ていきましょう。

スポンサーリンク

渡辺直美さんのプロフィール

出典:http://bluemark.info/archives/2302/%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E7%9B%B4%E7%BE%8E

  • 名前:渡辺 直美(ワタナベ ナオミ)
  • 生年月日:1987年10月23日
  • 出身:茨城県
  • 血液型:A型
  • 所属:吉本興業
  • 職業:お笑い芸人

渡辺直美さんは、東京NSC12期生。ビヨンセのものまねで一躍注目を浴び、バラエティ番組を中心に精力的に活躍中です。

そんな渡辺さんですが、公式プロフィールでは出身は茨城県となっていますが、実は台湾人の母親を持つハーフなんです。母親の故郷でもある台湾のパンチャオという街で生まれ育ったということです。小学校、中学校は茨城県で通ったとなっていますから、それまでは台湾で育ったということでしょうか。

実際、日本語のわからない母親に育てられたこともあり、渡辺さんも日本語は片言だったとか。渡辺さんは18歳で芸能界デビューしていますが、デビュー以降2、3年はテレビにでてもほとんど喋っていないとご本人がテレビ番組で明かしています。

台湾でも絶大人気!その裏には壮絶過去も!?

渡辺直美さんの生い立ち

渡辺さんは前述の通り、1987年10月に台湾で生まれています。その後、日本人の父、台湾人の母と日本で生活するようになりましたが、幼いころに両親は離婚。その後は母親に茨城県で育てられ、母親に連れられ日本と台湾を行き来する生活をしています。

子どもの頃から芸人になるのが夢で高校にはいかずにファミレスで1日8時間のバイトをしてお金を貯め、吉本総合芸能学院(NCS)の東京校に合格しました。自分で学費を稼がざるを得ない状況だったことも想像できますが、15歳16歳の渡辺さんにとっては過酷な毎日だったと思います。

デビューはいつ?最初から人気だったの!?

出典:http://people1.seesaa.net/article/433820427.html

18歳で芸能界デビューしフジテレビの「笑っていいとも!」のアシスタント「いいとも少女隊」のメンバーとなり名前が知られるようになりましたが、実はその頃はまだ日本語が得意でなくコンプレックスに感じていたようですね。

そして芸人でありながら、日本語がうまく話せなかった上、番組で大喜利のお題が理解できずにペンをもって回答を書くフリをしていたとのこと、その頃には「芸人なんてもう無理」と弱気に思った時期もあるようです。

現在の芸風になるきっかけとは?

その状況を救ってくれたのはお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の中田敦彦だったという。うまくしゃべれなくても、言葉を使わなくてもお笑いはできる!数ある長所を誰も出来ないくらい伸ばせ!と言われたことで、言葉でなく、表現力を磨こうと吹っ切ることができたようです。

そして2014年5月には3ヶ月の休養をもらってニューヨークにダンスやショーの勉強に出かけています。それが、現在の渡辺直美さんの芸の肥やしとなっていることは間違いありませんね。

スポンサーリンク

まとめ

渡辺直美さんは噂のとおり日本人の父と台湾人の母の間にうまれたハーフでした。幼い頃に両親が離婚したため、日本語の喋れない母と、台湾と日本を行き来する生活を続けますが、小学校に上がる頃から茨城県で育っているようです。

高校はいかず、1日8時間もバイトをしてお金を貯め、幼いころからの夢であった芸人になるべく吉本総合芸能学院に入学します。自分の夢を叶えるために15歳16歳の時期をアルバイトに明け暮れ必死に学費を稼いだということですね。

18歳で芸能界デビューした頃はまだ日本語も得意でなく、デビューから2、3年はテレビに出てもほとんどしゃべらなかったと振り返っています。日本語がうまく話せないこと、理解できないことから、芸人になるのはもう無理と諦めかけた時期もあったよう。

ところが、オリラジの中田さんに「数ある長所を誰も出来ないくらい伸ばせ!」と叱咤激励されたことをきっかけに表現力を磨く機会を得、現在の芸風が確立されてきました。

圧倒的な迫力とダイナミックな芸風で男女問わず大人気の渡辺直美さんのその芸風は、片言の日本語しかはなせないハーフであったこと、過去の厳しい生い立ちやコンプレックスを乗り越えたからこその芸風だといえますね。

そんな渡辺直美さんの、インスタグラムも歌マネもますます渡辺さんらしく表現していくことと思います。渡辺直美さんの今後の活躍に期待です。

スポンサーリンク

この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます

-エンタメ
-

Copyright© Fun time , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.