~ミドル世代に向けた人間模様から人生を学ぶためのWebマガジン~

Fun time

エンタメ

岩田剛典のドラマ「砂の塔」の演技力がヤバ過ぎ!最新の彼女って?

投稿日:

こんにちは、NAOです。

今回は、岩田剛典さんの話題です。岩田さんと言えば三代目JSBのパフォーマー。ニックネームはがんちゃんで親しまれていますよね。そして、これまた結構なイケメンでございます。

そのイケメン岩田剛典さんが出演のドラマ『砂の塔』での演技がヤバイと評判になってます。何がどうヤバいのか?「棒演技」「大根」とファンまで認めているというのです。それは何故どうして?を検証してみましょう。

そしてイケメン岩田剛典さんの最新の彼女っていったい誰?週刊誌などに書かれていたことも検証したいと思います。

スポンサーリンク

岩田剛典さんのプロフィール

出典:https://twitter.com/iwatatakanoribo

  • 名前:岩田剛典(いわたたかのり)
  • 生年月日:1989年3月6日
  • 出身:愛知県
  • 学歴:慶應義塾大学
  • 職業:俳優・ダンサー

岩田さんは、中学受験からの慶応義塾普通部入学でそのまま高校、大学へと進学しエリートコースを歩んでいましたが、映画「RIZE」に影響を受けKRUMPを独学で開始。この時始めたダンスが縁で後に正式にEXILEに加入することとなります。

慶應大学出身の岩田剛典さん。同じ慶應大学の出身の読売ジャイアンツの高橋由伸監督の若い時にどこか似てると思いませんか?甘いマスクっていう感じが、似てると思うのですが?私だけ?

「砂の塔」での岩田剛典さんは?

そんな、岩田さん。ドラマ「砂の塔」に出演してるのですが、その評価がかなり分かれています。実はこれまでの岩田さんの演技はファンからも下手過ぎると言われていました。

「棒読み感半端ない」とか、「演技が上手くない」とか、「岩田くんの滑舌の悪さと演技の下手さに全然集中出来なかった」とか、ファンであるのにまさかの酷評なのです。

実は、ファンの中でも「棒演技」「大根」というのは認められているようです。その証拠に、岩田さんの演技に対して「成長している」とか「努力していい」との声が多く、と言うことは、元々の評価が高くなかったことを物語っています。

しかし、元々役がハマった「HIGH&LOW」では、演技評価は高かったこともありました。それで、今回のドラマ「砂の塔」では、岩田剛典さんの評価に変化が出てるのです。

相変わらずの「演技が上手くない」「棒演技」との評価もあるのですが、良かったとの声も多くなってきてるのです。

このドラマで岩田さんは、事件の犯人役と言う難しい役どころ。今までの恋愛モノとかとは違ってサスペンスドラマ。シリアスな演技も要求されるドラマでの良かったの声は嬉しいですよね(^o^)

出典:http://okawari.hatenablog.jp/entry/2016/09/24/165011

このドラマの出演にあたって、かなり努力されたのではないかと思われます。ですが、まだまだいっそうの努力も必要。これからの岩田剛典さんに期待したいですよね。

イケメン岩田剛典さんの最新の彼女の存在は?

そんなイケメン岩田剛典さんの恋のお相手は?って事になりますよねやはり、イケメンだけあって噂はたくさんあります。例えばこんな感じ‥

  • 徳重杏奈・・・名古屋テレビのアナウンサーで、慶應大学出身。
  • 串戸ユリア‥モデル。
  • 石原さとみ‥ドラマ「ディアシスター」で共演。
  • 高畑充希‥「植物図鑑」で共演。

と、今をときめく女優さんもいらっしゃり、さすが岩田さんってところですね。

ですが、これらは週刊誌で噂の域を出ず、その後報道とかはなかったものばかりです。共演したらすぐ書かれるって事は、芸能人の中でも岩田さんはかなりの注目を集めてるってことではないでしょうか?

今回、調べてみましたが、新しく女性との噂は無く、どうも彼女はいないようですね。「砂の塔」で役者として役作りに忙しく、それどころではなかったのかも?

いずれにしても、いつかは出てくる恋の噂は、一体、誰とになるのか超注目ですね。

スポンサーリンク

まとめ

三代目JSBのイケメン岩田剛典さんは、俳優業に参入後、自分の素でできる役には適応性を見せたけれど、その他の役ではファンからも「棒演技」「大根」との評判をうけていました。

しかし、ドラマ「砂の塔」では、まだ酷評もあるものの、「上手くなった」「努力が見える」などの評判も受けれるようになり、役者としての今後の伸びに注目していきたいところですね。

そして岩田さんの彼女となりうる人は誰かと探しましたが、いまだ見えず。女性関係では、今後も週刊誌を賑あわす存在となることでしょう。こちらも今後に注目していたいと思います。

スポンサーリンク

この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます

-エンタメ
-

Copyright© Fun time , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.